2008年10月の金沢&東京ビックサイト展示会風景

今回はWJ(ウォータージェット)によるガラス材とLEDの組み合わせで省 エネ&エコ環境な新たなサイン広告を提案し展示しました。写真では分かり難いですのですが、WJ加工で削ったガラス面をLEDを投光すると氷で出来た様な 文字が3Dに浮かび上がり、大変な好評さでした。

2008年10月の金沢&東京ビックサイト展示会風景

2008年10月の金沢&東京ビックサイト展示会風景

2008年10月の金沢&東京ビックサイト展示会風景

2008年10月の金沢&東京ビックサイト展示会風景

2008年10月の金沢&東京ビックサイト展示会風景

ポリカ、アクリルなど高透過材でも加工してみましたがガラス材が一番風合いもよく評判が良かったです。
ショットブラスト等の在来工法ではなしえない弊社独自のWJでのピン角の加工、また深さも自在に対応出来ます(実用新案出願中)
試作データではザグリが深い程、LEDの光源屈折率が高く、3D化が映えるようです。

ランニングコストのかからない、蛍光灯とはケタ違いの耐久性の高いLED看板は、今後益々の需要が期待されます。
データがあれば一品からでも・・・・
メールからお気軽に見積もりいたします!